台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

台北咖哩紀行(2)~新高軒

興南路と市民大道の交差点、居酒屋や熱炒、ラメーン屋が並ぶ賑やかな一角に突如現れる、周囲の喧騒から引き離されたかのような佇まいの「新高軒」

f:id:shindou_tw:20200619192323j:plain

古い建築がもつ雰囲気をそのままに、時が過ぎるのを忘れたかのような内装

f:id:shindou_tw:20200615195941j:plain

f:id:shindou_tw:20200619192547j:plain

牛筋カレーに剥皮辣椒醬をトッピング

おススメは牛肋條肉咖哩飯(220元)。

玉ねぎとスパイスを深く煮込んだ濃厚なルーに、とろけるような牛筋肉が絶品。

更に細かく刻んだ剥皮辣椒を味噌?であえた特性醬をトッピングすることで、五感を刺激する辛さと当時に深いコクが加わります。

f:id:shindou_tw:20200615200038j:plain

チーズをトッピング

また、チーズをトッピングすることでまろやかな味わいを楽しむこともできます。

f:id:shindou_tw:20200615200011j:plain

他にも豚肉やエビ、牡蠣のカレーもあり、いずれも300元を超えないリーズナブルな価格帯で楽しむことができます。

 

実はこの新高軒、台北のストリートブランド「Provider」の老闆が自身の強いこだわりを凝縮させて作り上げたカレー屋。一見カレーとは関係の内容に思えるストリートブランドが、ここまで拘り抜いた味を出せることに脱帽です。

 

台北市内でも特に若者の賑わいを見せる東區エリアで、喧騒を忘れこだわりの味を感じてみるのは如何でしょうか。

 【個人的評価:5点満点中5点】

 

新高軒

台北市大安區市民大道四段8號2

営業時間:12:00-14:00 / 18:00-21:00

ーーー追記ーーー

最近、中山の新光三越の地下にも支店がオープンしたので食べに行きました。

f:id:shindou_tw:20200723210906j:plain

相変わらず美味しかった。

 

 

こちらは私がドラムを叩いている討口一眾というバンド

かなりバカバカしいガレージパンクを台北でやっています。

このブログで知ったのも何かの縁です、聞いてみてください!