台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

台北咖哩紀行(8)~咖哩堂~

パソコン周辺機器/音響/電子部品のお店が軒を連ね、理系学生やエンジニアたちが集う、日本人から「台湾の秋葉原」と呼ばれる光華地区。

秋葉原ではジャンク系のカレーや丼モノが凌ぎを削っていますが、こちらも多くの飲食店が安価で美味しい飲食店が凌ぎを削っています。そんな一角にあるこの【咖哩堂】

「心のこもったおいしい料理」なんて看板に書かれていますが、日系ではありません。

f:id:shindou_tw:20200811105900j:plain

f:id:shindou_tw:20200811105903j:plain

日式カレー、タイカレー、マレーシアカレー、キムチカレー、カレー鍋と、様々な種類のカレーがありますが、どれも激安。台北市内でこれだけ安く美味しいカレーが食べれるお店は中々ありません。(不味いカレーの店ならこの価格帯はよくある。)

f:id:shindou_tw:20200811105910j:plain店内はよくある台北の定食屋さんの風景ですね。

f:id:shindou_tw:20200811105925j:plainマレーシアカレーを頼みました。フォトジェニックさはありませんが、濃厚な辛さの中にあるココナッツミルクのコクが癖になります。

f:id:shindou_tw:20200811105946j:plain

味噌汁及び調味料は無料!台湾の定食屋では当たり前ですが、こういうのも嬉しいです。

1から作っている200元以上するカレーとは別物ですし、市販のルーを使って作ったカレー、と言ってしまうと聞こえは悪いですが、この価格帯でこれだけの種類を一定の味のクオリティーを保ちながら作るのは容易ではないと思います。

安くて色んな種類のカレーが食べられるので、何度でもリピートしてしまいますね!

個人的評価:5点満点中4点】

 

個人的評価で今のところ5点と4点しか出してないですが、不味いカレー食べてそれをわざわざ記事に書くことはないのですし美味しいところしか書かないので、そりゃ当然ですよね。


咖喱堂
住所:台北市中正區八德路一段82巷9弄13號

営業時間:10時30分〜21時00分

こちらは私がドラムを叩いている討口一眾というバンド

かなりバカバカしいガレージパンクを台北でやっています。

このブログで知ったのも何かの縁です、聞いてみてください!