台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

生きる悩み

たまに台湾在住日本人の友人と夜遅くまで話していると「仕事や生活に不満は無いが、何を楽しみに生きてるのか分からない」「自分が何者なのか分からない」みたいな、生きる目標だったりアイデンティティだったりに悩む人は、自分と同世代でも案外多いんだなぁ、と思います。


ただ「そういう悩みは10代~20代で終わらせるべきで、この歳でこんな話したら痛い奴だよな、、、」といった感じで、いい大人になると口に出しづらくなる。
現に殆どの人は人生に悩んでるほど暇じゃないだろうし、私自身もそこで悩むことはあまり無いし、世間的にそういうこと口に出しづらい雰囲気は確かにある。


とはいえ竹内結子三浦春馬みたいに才色兼備で社会的にも成功している人が自殺してしまったり、一流アスリートでもうつ病になったりする世の中。何歳であろうと金持ちであろうと社会的に成功していようと、人生に悩む人は多々いるのに「悩みを口に出すのは恥ずかしい・痛い奴」みたいな雰囲気が世の中にあることが、余計にそう言った悩める人の悩みを助長しているんじゃないかな、と思います。

 

LGBTADHDが個性として認められる昨今、そういう悩みを抱えること自体が個性として認められていいし、別に恥ずかしくないし、仲間は案外多いし、声を大にして語り合えばよい。


それを「痛い奴だ」みたいに言う人はいるだろうけど、少なくとも私は、誰であろうと生きる悩みを口に出すことを肯定します。あのよろし

 

最近仕事もバンドも忙しくて全然ブログが更新できません。

書きたいことはいっぱいあるのに、時間が経つと「あぁ、もう書かなくていっか」ってなっちゃう。

台北咖哩紀行(8)~咖哩堂~

パソコン周辺機器/音響/電子部品のお店が軒を連ね、理系学生やエンジニアたちが集う、日本人から「台湾の秋葉原」と呼ばれる光華地区。

秋葉原ではジャンク系のカレーや丼モノが凌ぎを削っていますが、こちらも多くの飲食店が安価で美味しい飲食店が凌ぎを削っています。そんな一角にあるこの【咖哩堂】

続きを読む

Hipsville A Go Go企画に台湾代表DJで参加します。

7月25日、英国で大人気DJパーティー Hipsville A Go Go主催で、世界中のPrimitiveでObscureな出演者がFacebookで競演するONLINE PARTY【24hr Party People】に、ワタクシも台湾よりDJとして参加します。
 
台湾60's〜70's GARAGE&GROOVE歌謡のレコードかけまくりますのでご視聴の程よろしくお願いします。
 
 
21時頃からFumieちゃんとWildcat texとレコード回してるので、台湾在住の方は遊びに来てください~
 
簡單來說,我作為DJ明天參加英國 Hipsville A Go Go 主辦的活動【24hr Party 】
我打算放台灣的1960-1970年代GARAGE搖滾,A GO-GO,FUNK的黑膠唱片
台灣的場地是 ParkLife Drinking Room 大概21點開始,大家有空的話,請隨便過來喝酒聽音樂
 

www.facebook.com