台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

台北咖哩紀行(1)~The Wrice 来時

大倉久和大飯店(ホテルオークラ)と台北晶華酒店(リージェント台北)の中間にある路地裏で静かに営業しているカフェ「The Wrice 来時」

f:id:shindou_tw:20200616200115j:plain

f:id:shindou_tw:20200615194609j:plain

2019年11月のオープン以降、落ち着いた内装と手頃な価格帯の美味しいスイーツで若い女性を中心に徐々に人気が出てきています。

このお店で一番有名なのは黒糖かき氷(NT$90)なのですが、実はここのカレーが絶品なのです。

f:id:shindou_tw:20200615194107j:plain

牛肉カレー(NT$220)+味付け卵(NT$30)

f:id:shindou_tw:20200615194212j:plain

鶏肉カレー(NT$190)

しっかりと玉ねぎを利かせたコクのあるスパイシーな自家製ルーに、トロトロになるまで煮込んだ鶏肉or牛肉、福神漬け代わりに乗せられた剝皮辣椒(青唐辛子の漬物で花蓮の名物)、素材の味を生かした素朴なパンプキンスープ、その一つ一つのレベルが高く、味に嫌味がなくどんどんスプーンが口へと進みます。

カフェのカレーというクオリティを飛び超えていますね。

これだけの品質で牛肉カレーNT$230と鶏肉カレーNT$190

台北市内で食べれるカレーの中では屈指の満足感を得られるでしょう。

f:id:shindou_tw:20200615194421j:plain

メニュー

名物の黒糖かき氷をはじめ、そのほかのメニューもかなりお手頃価格ですね。

林森北路でお昼ご飯に迷ったら、ぜひコチラへ↓

The Wrice 来時

台北市中山區南京東路一段13巷7弄2-7號

営業時間:12:00~20:00(週二、週三公休)