台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

赤峰街・北風社

台北中山駅付近、古着屋やカフェが立ち並ぶ赤峰街にて、愁城Trapped Citizenのメンバーである魏立が中心となり【北風社】という喫茶店が11月9日よりOPENします。
<<FBページはコチラ>>

先週、工事中の現場へちょっと遊びに行ってきました。

f:id:shindou_tw:20191107154144j:plain

戦前からありそうな、とても古い建物です。

f:id:shindou_tw:20191107154545j:plain

細い階段を上り2階へ

f:id:shindou_tw:20191107154751j:plain

中はガッツリ施工中ですが、木の原色を大切にした落ち着いたスペースであることが分かります。

f:id:shindou_tw:20191107154858j:plain

ロフトは座敷!冬はここでミカン食べたいね、なんて言っています。

見た感じとても落ち着いた空間で、普通に寛げるカフェといった感じです。

但し、店主の魏立がいる【愁城Trapped Citizen】は音楽・政治・芸術の方面で尖がってる若者が寄り集まって出来た集団で、この北風社にも、そういった一般社会からはみ出た変な奴らが集まって面白い感じになるんじゃないかな、と期待しています。

この記事を書いている時点ではまだオープンしていませんが、今後、北風社が一つの起点となって、面白い台北のユースカルチャーが生まれてくればいいな、なんて思っています。

 

ちなみに11月9日12時~ オープン記念パーティーが開催されます!

f:id:shindou_tw:20191107155144j:plain

愁城Trapped Citizenから大人気の無妄合作社赤楊の詹儒がAcoustic編成で出演!

もし興味があれば遊びに行ってみてはいかがでしょうか。