台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

漂流出口 Outlet Drift~台湾インディーズ③原住民音楽

f:id:shindou_tw:20190317095328j:plain

台湾は多民族国家

本省人 86%(ホーロー人74%、客家人12%)、外省人 12%、原住民 2%

本省人外省人も大陸からきた漢族ですが、完全にルーツが異なるのが人口比2%の原住民。

原住民も更に、

タイヤル族タロコ族アミ族パイワン族、 ブヌン族プユマ族、 サイシャット族、 サオ族、 クバラン族、 サキザヤ族ルカイ族ツォウ族タオ族サアロア族カナカナブ族セデック族の16部族に分かれ、其々の言語・文化・音楽を持っています。(話題になった映画「セデック・バレ」も原住民のお話ですね。)

野球選手や歌手は原住民出身が多く、原住民はスポーツが出来て歌が上手い、というのが台湾での一般的な認識わ

その他、歴史や人類学的系統などの話はここでは省きます。

 

今回紹介するのは『漂流出口 Outlet Drift』

彼らはアミ族出身、今も台東にある原住民集落を拠点にしています。

FACEBOOK紹介では『融合台灣原住民傳統古調,來自台東阿美族的民謠實驗搖滾樂隊。』( https://www.facebook.com/outletdrift/
つまり、台湾先住民伝統民謡とROCKの融合による実験的音楽であり、そこから独自のPsychedelicなサウンドを作り上げています。

更にライブで白目剥きながら雄叫びを上げる様子を見るに、土着宗教的な狂気と熱気で溢れていて、淡々とライブするバンドの多い台湾の中では特異な存在です。

 

思うに、彼らこそ台湾発のオリジナリティとして世界に誇れるバンドでは?

最近はRecordingしてるので、近日中に新譜出るかも?期待。

 

余談で、先日彼らと対バンした際に「東京は食べ物がなんでも高いよ~」みたいな話をしたのですが、彼ら曰く「そこらに生えてるものを食べれば良いじゃないか。台東に来れば家やお金が無くても生活できるぞ!」とのこと。

本当の豊かさとは?みたいな話ですね。

 

台湾原住民族の音楽と文化

台湾原住民族の音楽と文化

  • 作者: 下村作次郎,林清財,笠原政治,孫大川
  • 出版社/メーカー: 草風館
  • 発売日: 2014/01
  • メディア: 単行本
  • 欲しい
 

にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ