台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

台北ライブハウスへの行き方~永豐 Legacy Taipei 傳

f:id:shindou_tw:20190307203730j:plain

永豐 Legacy Taipei 傳は、1914年建造の酒造工場跡地をリノベーションし作られた華山1914文創園区の一角にある、2009年オープンの大型ライブハウス。

230坪、最大収容1000人以上、運営も半公営、日本で言うとCLUB CITTA川崎や渋谷QUATTROに近い雰囲気で、キャパの大きさから台湾有名歌手や海外有名アーティストのライブに頻繁に利用されています。

(最近ではEGO-WRAPPIN、細野晴臣のライブを観に行きました。)

 


●行き方●


まず台北駅から地下鉄で忠孝新生駅を目指します。

f:id:shindou_tw:20190227111409j:plain

MRT台北站から板南線(藍線)南港方面に乗り、忠孝新生站で下車、1番出口を目指します。

f:id:shindou_tw:20190224004009j:image
f:id:shindou_tw:20190224003955j:image
f:id:shindou_tw:20190224004018j:image

出るとこんな感じ。立て看板にある華山文創園區を目指します。
f:id:shindou_tw:20190224004014j:image
f:id:shindou_tw:20190224003950j:image

この高架を渡ると、、華山文創園區に着きました!
f:id:shindou_tw:20190224003944j:image

中にはいろんな店があり、LEGACYもこの中にあります。

とりあえず道なりに進むと、見えてきました。
f:id:shindou_tw:20190224004022j:image

この日は細野晴臣来日公演、かなり賑わっています。
f:id:shindou_tw:20190224003959j:image
f:id:shindou_tw:20190224004004j:image

中はこんな感じ、大ホール。空調がギンギンに聞いているので、結構寒いです。

その他、ある意味特徴的なのが、中で飲み物の販売がありません。

(企画者によっては、仮設ブースを作って飲食物を販売)

最寄りのコンビニも遠いので、飲食物は事前に用意した方が良いでしょう。

 

<公式写真>

f:id:shindou_tw:20190307204905p:plain
これだけ広い会場なので、無名インディーズバンドの出演はハードルが高いですが、この会場運営にも関わるイベント企画・音楽サイト運営会社Street Voice主催でThe Next Big Thing 大團誕生というイベントが開催されており、有望なインディーズバンドが毎月2~3組出演することができます。

逆に、このイベントに選ばれれば、周りから一目置かれるような感じです。

因みに私が所属する鱷魚迷幻も、2017年にこのイベントに出演させて頂きました。

 

その縁もあって、昨年はレコ初ライブもこの会場で開催させて頂きました。

f:id:shindou_tw:20190307210408j:plain

Ants // Worship

Ants // Worship

  • アーティスト: 鱷魚迷幻
  • 出版社/メーカー: 太合麥田(天津)音樂有限公司
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

台湾ではインディーズバンドの活動もアートの一環として捉えて、有望なバンドは行政を挙げて支援しようという働きもあります。

日本から来るアーティストや台湾の有名歌手のライブを観に行くのも勿論良いですが、このThe Next Big Thing 大團誕生へ行って、将来有望な台湾のインディーズバンドを観るのもまた面白いかと思います。
 

 


永豐 Legacy Taipei

100台北市中正區八德路一段一號
華山1914創意文化園區/中5A館
電話:(02) 2395-6660


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

 

 

【 その他の台北ライブハウス 】