台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

台北ライブハウスへの行き方~小地方展演空間 APA mini

f:id:shindou_tw:20190304185550p:plain


小地方展演空間 APA miniは、音楽教室やスタジオを運営している阿帕グループにより2015年にオープンした比較的新しいliveHouse、空間全体に木板が用いられた温もりのある内装が特徴的。

公式は「70坪・最大収容230人」とありますが、Stageを含めた数字かと思います。

Stageを除くフロアで、大体140人前後といったところでしょうか。名前の通りコンパクトであり、Stageとフロアの段差が少なく、観客と演者の距離が近いライブハウスでもあります。

 


●行き方●


先ず台北駅から地下鉄で東門駅を目指します。

f:id:shindou_tw:20190227111343j:plain

MRT台北站から淡水信義線象山方面の地下鉄に乗り、東門站で下車、2番出口方面を目指します。

f:id:shindou_tw:20190224004238j:image
f:id:shindou_tw:20190224004234j:image

2番出口階段途中に前に「人行地下道」という脇道があるので、そちらに進みます。

ここを通ることで、大きな交差点の信号待ちを回避できます。

f:id:shindou_tw:20190224004218j:image
f:id:shindou_tw:20190224004214j:image

出るとこんな感じ。真っ直ぐ進みます。
f:id:shindou_tw:20190224004227j:image

200mほど歩くと中正紀念堂の交差点がありますので、渡らずに右折します。
f:id:shindou_tw:20190224004248j:image

するとすぐに見えてきました。
f:id:shindou_tw:20190224004210j:image

階段を降ります。
f:id:shindou_tw:20190224004223j:image

受付は自動販売機でチケットを変える変わったシステム。
f:id:shindou_tw:20190224004243j:image

 

中はこんな感じになっています。映像を2つご覧ください。

2つを見比べると、ステージの形状が全然違います。

このライブハウスの特徴として、企画者の意図でステージをフレキシブルに動かして設置することも可能です。面白いですね!

 

RevolverやPIPEに比べると、あまりスケジュールが埋まっていませんが、インディーズバンドからしたら丁度いいキャパと、他にない洒落た雰囲気で、MVに使用するバンドも多くいます。更に広々とした楽屋も快適。

日本のインディーズバンドさんも、雰囲気重視で行くなら小地方展演空間 APA miniでのライブを検討してみてはいかがでしょうか?

 

因みにライブ企画した場合の費用は下記の通り

・平日全日 NT$25,000-

・金土日 17:00~23:00 NT$35,000- 

現在のレート(NT$1=¥3.6)で考えると¥126,000-

 

 


小地方展演空間

住所:台北市中正區杭州南路一段147號B1

E-mail:apabookings@gmail.com


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

 

【 その他の台北ライブハウス 】

不眠などで体調崩していたのですが、色んな人の助けで段々立ち直ってきました。

尚且つ、メンバーの兵役で活動休止していた鱷魚迷幻も、来月くらいから徐々に活動再開できそうです。頑張るぞ~!

Ants // Worship

Ants // Worship

  • 私が台湾でやっているバンドト: 鱷魚迷幻
  • メーカー: 太合麥田(天津)音樂有限公司
  • メディア: MP3 ダウンロード