台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

台北ライブハウスへの行き方~THE WALL~2019年版

f:id:shindou_tw:20190212193141j:plain
THE WALLは2003年設立、公称キャパ600人、台湾のメジャーバンドや人気のインディーズバンド、海外からのツアーバンドが数多く出演している名門ライブハウスです。日本で言えば新宿LOFT的な立ち位置でしょうか。

元々は閃靈(ChthoniC)のFreddy林と董事長樂團の阿吉らが設立したライブハウスですが、最近から青山の月見ル君ヲ想フが資本参加しており、日本から来るメジャーバントのワンマンや、日本と台湾の人気インディーズバンド同士でのライブも頻繁に行われています。

 


●行き方●


先ず台北駅から地下鉄で公館駅を目指します。

f:id:shindou_tw:20190212193027j:plain

台北捷運站から淡水信義線(赤線) 象山行きに乗り、中正紀念堂站で下車。同じホーム向かいの松江新店線(緑線) 新店行きに乗換え、公館站で下車します。ここまではPIPEと同じ。

そして1番出口を目指します。

f:id:shindou_tw:20190212193031j:plain

f:id:shindou_tw:20190212193037j:plain

f:id:shindou_tw:20190212193039j:plain

f:id:shindou_tw:20190212193045j:plain

出るとこんな感じ。

f:id:shindou_tw:20190212193051j:plain

標識があるので、公館商圏方向へ右に曲がります。

f:id:shindou_tw:20190212193057j:plain

そのまま真っ直ぐ‘100mほど歩きます。

f:id:shindou_tw:20190212193105j:plain

途中、小さな夜市があり台湾大学の学生たちなどで結構賑わっています。寄り道するのも良いですね。但しWALLは飲食持ち込みが厳しいので、夜市で買った食べ物は持っていけません。。

f:id:shindou_tw:20190212193123j:plain

夜市を越えると高架がありますので、信号を真っ直ぐ渡ります。

f:id:shindou_tw:20190212193129j:plain

渡ると派手なネオンのヘルメット屋があるので、ここを右に。

f:id:shindou_tw:20190212193135j:plain

すると直ぐにWALLの入り口が見えます。

f:id:shindou_tw:20190218005739j:image

シールだらけでなにがなんだか、、、地下に降りましょう。

f:id:shindou_tw:20190218005812j:image

f:id:shindou_tw:20190218005829j:image

f:id:shindou_tw:20190218005844j:image

コインロッカーで荷物を預けられます。

f:id:shindou_tw:20190218005928j:image

BARがあり、横がDJブースになっています。

ライブ終演後や深夜はココでDJイベントが行われたりもします。

f:id:shindou_tw:20190218010307j:image

音楽関連の書籍やグッズを扱うショップもありますが、この日は閉まっていました。

f:id:shindou_tw:20190218010058j:image

更に進むと受付があり、左の扉の奥がライブフロアになります。

場合によってはコインロッカーの場所が受付になる場合もあります。

 

この日はMetzというアメリカToronto出身のバンドの来台ツアーでした。

SUBPOP所属とあってかなりパワフルでノイジーなGrungeバンドです。

f:id:shindou_tw:20190217123859j:imagef:id:shindou_tw:20190217123904j:image

翌週は日本の新代田FEVERでワンマン2daysを行なったそうです。日本でも人気なんですね!

 

そして前座として鱷魚迷幻 Crocodeliaも出演しました。

f:id:shindou_tw:20190217124319j:image

その時の映像がYouTubeに上がっていたので、貼っておきます。遠目から撮られているので、何となく会場の雰囲気が分かると思います、

宣伝のために我々のMV的なものも貼っておきますね。

THE WALLは、純粋なライブハウスで言えば台湾最大。

更に大きいところでは台北と台中にLegacyというキャパ1000人クラスの場所もありますが、CLUB CITTA'川崎やCLUB QUATTRO的な感じなので、純粋なライブハウスとは言えないかなぁ、と思います。更に大きいところになると小巨蛋、これはドームでGLAYミスチル安室奈美恵がライブをやっています。

台北のインディーズバンドにとっては、THE WALLでライブが出来るようになればそこそこ有名、という感じがします。

日本のメジャーのバンドさんも、アジア進出を目指すなら先ずはTHE WALLでやってみては如何でしょうか。

 


THE WALL公館

MAIL: info@thewall.com.tw

住所:台北市羅斯福路四段200號B1

追記:去年までKornerというクラブが併設されていましたが、無くなりました。


にほんブログ村 音楽ブログ アジアPOPへ にほんブログ村 音楽ブログ C-POPへ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

 

 

【 その他の台北ライブハウス 】

ここからどうでもいい日記ですが、

何かツラいことや嫌なことがあっても、バンド練習やライブでドラムをぶっ叩けば憂鬱な気持ちなど一瞬で吹っ飛ぶのですが、あいにく最近は鱷魚迷幻のベーシストが兵役のためバンド活動お休み中、ストレスのはけ口がなく、この歳になって一人酒に逃げることを覚えてしまいました。。。安西先生!! バンドがしたいんです。。。。

Ants // Worship

Ants // Worship

  • 私が台湾でやっているバンド: 鱷魚迷幻
  • 出版社/メーカー: 太合麥田(天津)音樂有限公司
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
グラナダの時を経て

グラナダの時を経て

  • 日本にいた時やっていたバンド: ザ・シャロウズ
  • 出版社/メーカー: VOLTAGE
  • 発売日: 2013/04/17
  • メディア: CD