台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

台湾インディーズ事情

台北ライブハウスの行き方~ 楽悠悠之口 光復南 ~

楽悠悠之口 光復南は、元々同名のイベントスペース(樂悠悠之口 民生東)を運営していた八十八顆芭樂籽のドラマー・東悠力によって2019年10月に新しく設立されたばかりのライブハウスです。単純に、良いライブハウスだと思います。

飛鴻Faye Hong / 少年仔 ~伝統音楽との融合~

飛鴻Faye Hongは、台北でギタリストとして2008年ごろから活動していた譚翰駿のソロプロジェクト名称であり、彼が伝統音楽家・黃苡哲との出会いにより台湾の伝統音楽や戲曲文化を吸収し、新たに2018年より始動した唯一無二のバンドのことです。

赤峰街・北風社

台北は中山駅付近、古着屋やカフェが立ち並ぶ赤峰街にて、愁城Trapped Citizenのメンバーである魏立が中心となり【北風社】という喫茶店が11月9日よりOPENします。<<FBページはコチラ>> 先週、工事中の現場へちょっと遊びに行ってきました。

DOPE PURPLE 日本ツアー!

DOPE PURPLEは2016年に劉堅白が中心となり結成されたドライブ感溢れる台北のへヴィサイケバンドメンバーはGt.Vo 劉堅白/Gt 洪郡崎/Ba 王琥瑞/Dr 陶存孝/synth 允豪最近は世界的にNon-Psychedelicなるバンドが出てきており、そういうのは何となくフワフワして…

覺醒音樂祭 WAKE UP FEST 2019-③~歴史と今後について~ 覚醒音楽祭

覚醒音楽祭は10年の歴史の中で如何にして台北最大の音楽フェスへと成長することができたのでしょうか? 一番最初は、当時バンドを組んでもライブをする場所や機会のなかった嘉義において、いくつかの高校の軽音楽部の部員たちが集まり、ライブの機会を求めて…

台湾音樂節BINGO & LIVEHOUSE BINGO

Street Voiceが作った台湾音楽FESビンゴ、キミは何個行ったことがあるかな?

【爛泥發芽之鐵皮卡Chill】IQゼロの倉庫フェスで騒いだ感想

工場街にある倉庫で行われるフェス、先述の通り馬鹿馬鹿しいまでのバカ騒ぎでした。 とりあえずテキトーに撮った写真で振り返ります。

【爛泥發芽之鐵皮卡Chill】GW中のおススメ音楽フェス

来週末、台北付近でメチャクチャ面白そうなフェスがあります。 詳細はこちら↓↓↓ 【爛泥發芽之鐵皮卡Chill】 #最有人情味的音樂祭●日時:2019 - 5/4 (六) - 5/5 (日)

覺醒音樂祭 WAKE UP FEST 2019-②~台北から会場への行き方~ 覚醒音楽祭

覺醒音樂祭 WAKE UP FESTの会場となる嘉義市。 台湾人以外には聞きなれない地名で、台北に住む人からしても中々行く機会の無い南部の地方都市で「嘉義市ってどこ?無事いけるかな?」と不安な人もいると思います。 外国の行ったことない場所で道に迷うと、絶…

覺醒音樂祭 WAKE UP FEST 2019について①~概要とチケットの買い方~ 覚醒音楽祭

台湾で一番人気のある音楽FES【覺醒音樂祭 WAKE UP FEST】の概要とチケット購入方法について

台北ライブハウスへの行き方~永豐 Legacy Taipei 傳

永豐 Legacy Taipeiは華山1914文創園区の一角にある、2009年オープンの大型ライブハウス。

台北ライブハウスへの行き方~小地方展演空間 APA mini

小地方展演空間 APA miniは、2015年にオープンした、温もりのある内装が特徴的なライブハウス

台北ライブハウスへの行き方~THE WALL~2019年版

THE WALLは2003年設立、公称キャパ600人、台湾のメジャーバンドや人気のインディーズバンド、海外からのツアーバンドが数多く出演している名門ライブハウスです。日本で言えば新宿LOFT的な立ち位置でしょうか。

皇后皮箱&椰子樂團@黑市私會 台湾インディーズ

Legacyでライブを見てきました。 飢饉藝術家という香港+台湾のオルタナバンドが主催するイベントで、主催バンド以外全員女性ヴォーカルバンド。

無妄合作社と漂流出口 金音創作獎受賞

金音創作獎という台湾のレコード大賞みたいなのがあるのですが、以前このブログで取り上げた無妄合作社が最佳樂團獎(最優秀バンド賞)を受賞しました!恭喜恭喜!!!

共犯結構1st Album『北山湖紀事本末』

台湾のストリートパンクバンド・共犯結構Accomplicesの1st Album『北山湖紀事本末』について

台北ライブハウスへの行き方~PIPE LIVE MUSIC~ 2019年更新版

Revolverに次いでインディーズバンドに人気のLIVE HOUSEが「PIPE LIVE MUSIC」 古い送水施設をリノベしたこの箱は、キャパ目算200人、Revolverの2倍以上はあるのでメジャーバンドのライブや集客力のあるクラブイベントにも対応出来ます。更に照明/PA設備が充…

台北ライブハウスへの行き方~Revolver~2019年更新版

Revolver台北までの道順と、アレコレ注意事項を記載しました。

Jimi&Mary / 八十八顆芭樂籽 台湾インディーズ⑥ライブバンド

台湾のロックンロールバンド・八十八顆芭樂籽 88Balazについて

Hold Me Tight / 皇后皮箱 台湾インディーズ⑤Scene

台湾のLike a 60'sなロックバンド・皇后皮箱について

山頭 / 無妄合作社 No-nonsense Collective ~台湾インディーズ④愁城

無妄合作社 No-nonsense Collectiveと愁城という組織について

漂流出口 Outlet Drift~台湾インディーズ③原住民音楽

台湾の原住民族・アミ族出身のバンド「漂流出口 Outlet Drift」について

派傳過來 / 舞人舞屍 Marionette's Danced ~台湾インディーズ②RootsMusicについて

台湾のReggaeバンド・舞人舞屍 Marionette's Dancedについて

北山湖/共犯結構~台湾インディーズ①パンクについて

いきなり個人的な主観ですが、PUNKとは、 「MAKING THE ROAD」より「Search & Destroy」技術や様式より「初期衝動」「やってやれ!」「普通」へのアンチテーゼこそPUNK! と思っている。 台湾でもPUNKと言えば