台湾サブカル探訪

台湾インディーズ音楽 / サブカルチャー / アンダーグラウンドについて

台北咖哩紀行(3)~羅本家咖哩

台北駅のすぐ北側に位置する静かな一角。多くの飲食店が立ち並ぶ区画ではありませんが、ここに私が台北で一番お勧めするカレー屋があります。名は「羅本家」

台北咖哩紀行(2)~新高軒

復興南路と市民大道の交差点、居酒屋や熱炒、ラメーン屋が並ぶ賑やかな一角に突如現れる、周囲の喧騒から引き離されたかのような佇まいの「新高軒」

台北咖哩紀行(1)~The Wrice 来時

大倉久和大飯店(ホテルオークラ)と台北晶華酒店(リージェント台北)の中間にある路地裏で静かに営業しているカフェ「The Wrice 来時」

台北ライブハウスの行き方~ 楽悠悠之口 光復南 ~

楽悠悠之口 光復南は、元々同名のイベントスペース(樂悠悠之口 民生東)を運営していた八十八顆芭樂籽のドラマー・東悠力によって2019年10月に新しく設立されたばかりのライブハウスです。単純に、良いライブハウスだと思います。

飛鴻Faye Hong / 少年仔 ~伝統音楽との融合~

飛鴻Faye Hongは、台北でギタリストとして2008年ごろから活動していた譚翰駿のソロプロジェクト名称であり、彼が伝統音楽家・黃苡哲との出会いにより台湾の伝統音楽や戲曲文化を吸収し、新たに2018年より始動した唯一無二のバンドのことです。

最近の活動

私、2017年から鱷魚迷幻というバンドのドラムとして活動していましたが、

凱旋跳蚤市場~台湾フリーマーケット⑧~ 高雄編-1

ローカルな雰囲気の中、ガラクタを掻き分け宝物を見つけたい人向け、台湾蚤市&フリマ紹介第8回目は【凱旋跳蚤市場】 他の蚤の市にはないオシャレ感とカオス感が混ざり合った混沌空間でした!

帕里啪里跳蚤市集~台湾フリーマーケット⑦~ 台南編-2

ローカルな雰囲気の中、ガラクタを掻き分け宝物を見つけたい人向け、台湾蚤市&フリマ紹介第7回目は台南の【帕里啪里跳蚤市集】 2018年に開幕したばかりの蚤の市ということで、広々として衛生的かつ店舗数も多く快適な蚤の市でした!

赤峰街・北風社

台北は中山駅付近、古着屋やカフェが立ち並ぶ赤峰街にて、愁城Trapped Citizenのメンバーである魏立が中心となり【北風社】という喫茶店が11月9日よりOPENします。<<FBページはコチラ>> 先週、工事中の現場へちょっと遊びに行ってきました。

永成文創跳蚤市集~台湾フリーマーケット⑥~ 台南編

ローカルな雰囲気の中、ガラクタを掻き分け宝物を見つけたい人向け、台湾蚤市&フリマ紹介第6回目は台南の【永成文創跳蚤市集】 ここまで郊外の蚤市は行ったことなかったのですが、すごい特色のある場所でした!

太原路跳蚤市場~台湾フリーマーケット⑤~ 台中編その2

オシャレ感ゼロのローカルな雰囲気の中、ゴミの山を漁り宝物を見つけたい人向け、台湾の蚤の市&フリーマーケット紹介第5回目【太原路跳蚤市場】 台中車站から北へ2駅行ったところにある太原站にほぼ隣接してる非常にアクセスのいい場所にある蚤市です。

DOPE PURPLE 日本ツアー!

DOPE PURPLEは2016年に劉堅白が中心となり結成されたドライブ感溢れる台北のへヴィサイケバンドメンバーはGt.Vo 劉堅白/Gt 洪郡崎/Ba 王琥瑞/Dr 陶存孝/synth 允豪最近は世界的にNon-Psychedelicなるバンドが出てきており、そういうのは何となくフワフワして…

覺醒音樂祭 WAKE UP FEST 2019-③~歴史と今後について~ 覚醒音楽祭

覚醒音楽祭は10年の歴史の中で如何にして台北最大の音楽フェスへと成長することができたのでしょうか? 一番最初は、当時バンドを組んでもライブをする場所や機会のなかった嘉義において、いくつかの高校の軽音楽部の部員たちが集まり、ライブの機会を求めて…

台湾音樂節BINGO & LIVEHOUSE BINGO

Street Voiceが作った台湾音楽FESビンゴ、キミは何個行ったことがあるかな?

【爛泥發芽之鐵皮卡Chill】IQゼロの倉庫フェスで騒いだ感想

工場街にある倉庫で行われるフェス、先述の通り馬鹿馬鹿しいまでのバカ騒ぎでした。 とりあえずテキトーに撮った写真で振り返ります。

【爛泥發芽之鐵皮卡Chill】GW中のおススメ音楽フェス

来週末、台北付近でメチャクチャ面白そうなフェスがあります。 詳細はこちら↓↓↓ 【爛泥發芽之鐵皮卡Chill】 #最有人情味的音樂祭●日時:2019 - 5/4 (六) - 5/5 (日)

台湾の兵役について&鱷魚迷幻Crocodelia久しぶりのライブ告知

BASSが兵役で活動を休止していた鱷魚迷幻、2018年11月の中国大陸ツアー以来、実に半年ぶりのライブがあります。虎山という台北市内の山の中での野外イベントに出演します。 普段仲良くしてるTHE WaiiTやDope Purpleも出演するし、日本から浅草ジンタも来るの…

覺醒音樂祭 WAKE UP FEST 2019-②~台北から会場への行き方~ 覚醒音楽祭

覺醒音樂祭 WAKE UP FESTの会場となる嘉義市。 台湾人以外には聞きなれない地名で、台北に住む人からしても中々行く機会の無い南部の地方都市で「嘉義市ってどこ?無事いけるかな?」と不安な人もいると思います。 外国の行ったことない場所で道に迷うと、絶…

台中巨大廃墟・千越大樓は最高のART SPACEだった話【台湾十大鬼屋】

地元の若手芸術家たちの手でアートスペースとして蘇った台中の巨大廃墟・千越大樓について

覺醒音樂祭 WAKE UP FEST 2019について①~概要とチケットの買い方~ 覚醒音楽祭

台湾で一番人気のある音楽FES【覺醒音樂祭 WAKE UP FEST】の概要とチケット購入方法について

いろんな奴がいる世界へ~台湾 同性婚合法化 について

昨年11月の国民投票で反対多数になり否決されるなど一時暗礁に乗り上げた同性婚合法化ですが、蔡政権が特別法案《司法院釋字第七四八號解釋施行法》を提出し今年5月24日から同性婚が実質認められるようになります!

台北ライブハウスへの行き方~永豐 Legacy Taipei 傳

永豐 Legacy Taipeiは華山1914文創園区の一角にある、2009年オープンの大型ライブハウス。

台北ライブハウスへの行き方~小地方展演空間 APA mini

小地方展演空間 APA miniは、2015年にオープンした、温もりのある内装が特徴的なライブハウス

干城跳蚤市場~台湾フリーマーケット④~ 台中編その1

台中市にある干城跳蚤市場(またの名を建國跳蚤市場)は台中車站から最も近く(徒歩10分ほど)に位置する蚤市です。

善意のボーダーライン

ただ「相手が喜んでくれれば、」という純粋な善意でも、相手から感謝の言葉や気持ちが見えなければガッカリするし、それが続けば段々と嫌になってくるもの。

台北ライブハウスへの行き方~THE WALL~2019年版

THE WALLは2003年設立、公称キャパ600人、台湾のメジャーバンドや人気のインディーズバンド、海外からのツアーバンドが数多く出演している名門ライブハウスです。日本で言えば新宿LOFT的な立ち位置でしょうか。

夢の跡地 翡翠灣太空玲瓏屋 廃墟群(幽浮船廃墟)

台湾の翡翠湾沿岸にあるこの廃墟群。70年代に一大観光地として開発されるはずだったものの、いつの間にか寂れ果ててしまったサーファーたちの夢の跡地。 60年代に開発されたレトロ・フューチャーな移動可能な組立式UFO型住宅「FUTORO」「VENTURO」の遺産を見…

福和觀光市集~台湾フリーマーケット③~

所謂「蚤の市」フリーマーケット紹介の第三回目【福和観光市集(福和橋跳蚤市場)】台北圏最大の規模を誇り、広さ、出店数、いかがわしさ、どれを取っても申し分ないですね。

永春二手市集~台湾フリーマーケット②~

所謂「蚤の市」フリーマーケット紹介の第2回目。 【永春二手市集】 永春二手市集は一応台北市内、101の近く今一番HOTな信義區市政府駅の隣なのですが、この永春駅に来るといきなり田舎臭い住宅街になります。新宿駅の次がいきなり西国分寺、と言ったら分かり…

重新橋観光市集~台湾フリーマーケット①~

【重新橋観光市集】 台北車駅からも近いMRT三重駅或いは機場線三重駅から徒歩5分ほどの水辺公園の一角にある重新橋下で開催されていおり、繁華街や住宅地が近いことやアクセスの良さから、地元民でかなりの賑わいを見せている蚤の市です。